.

自動車重量税、略して重量税は国産車もしくは外車というような愛車の生産している国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、ロールーフ車というような車体も関係なく、レクサスやBMW、などにも当たり前に納めることが必要な税金なんです。新車登録の場合、または定期的にある車検の場合に納税が必要になる税なのです。その額は対象となる愛車の大きさによって決められています。「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全然違う税金ですから、しっかり理解して勘違いしないようにしましょう。「自動車重量税という税金はクルマの車重毎に」「自動車税は自動車の排気量で」その金額が変わります。そして買取する際の扱われ方変わりますから注意しましょう。中古車を買い取ってもらう際には既に支払った車の金額がいくらあっても、その税額が返還されるということはないです。一方で自動車税であれば、支払った額を買取金額に上乗せしてくれるということがありますが、重量税の場合は上乗せしてくれるようなケースはあまりないはずです。重量税というのは自動車の処分時に既に納めた税金があるとはいえ中古車の店の方でその事実が材料になるケースは少ないと思います。なので次回の支払い分かりやすく言えば車検まで待った上で査定に出すというのが無駄は少ないでしょう。車買い取りの際は考慮されない重量税でも、特定のケースだと還付していただけることがあります。というのは、車検の効力が残存している愛車を廃車処理する時です。要するに抹消登録をすると、残っている車検期間に応じた税金が返金されます。ただし、自動車の買取の時はそのクルマが廃車されるのとは違って還付されません。そして、売却する自動車の名義を変更してしまった時や盗難された時なども還付を受けることは不可能です。自動車重量税の残存期間があるクルマを売却するということは、要するに車検期間が残っている中古車ということです。業者も配慮しますので、自動車重量税が残っていればそれなりに買取金額は上がるはずです。もちろん買取金額は店舗によって異なりますが車検の効力が残っている事実が考慮されれば手放す車の買取額と比べるとそこまで割に合わないということもありません。