.

任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは違って自賠責保険の範囲内でまかなえない補償が可能になる必須ともいえる保険です。これは任意保険に関しては自動車損害賠償責任保険の上乗せ保険という役割で機能しますので、自賠責保険でまかなえる支払い能力を超えた時に役立ちます。それに、自賠責保険だけでは物に対する損害については補償を受けることができないので、その部分をまかなう際には任意保険に加入しておくことをお勧めします。今現在任意保険の保険料を支払っている自動車を売却する時は、日本の自動車あるいはドイツ車などことは例外なく、残っている分が戻ってきます。国内メーカーの自動車についても同じことが言えます。自賠責保険の場合、普通は入ったままにしておくのが通例ですが任意保険は誰もが入る保険ではないのでキャンセルになります。また任意保険を契約解除したあとは、現時点で 払っている返戻金が返ってくることになります。クルマの売却が決定したとしてもすぐさま任意保険の契約を解除するのはリスクがあります。勿論、即中途解約すればそれだけ返還される保険料は増えますがもしかしたら車専門店が離れた場所にあるため自分で乗っていくような際は、任意保険に加入していない状態で車の運転をするはめになります。万が一のリスクを想定して、絶対この先自分で自動車の運転をしないという状況にする時まで任意保険の契約のキャンセルをすることがないようにしましょう。中古車を売却してまたすぐに他のクルマに乗り換えるケースならば良いですがもしずっと運転をしない状態が続き任意保険に入っている意味がなくなってしまったら任意保険に入っていない時があると、過去に継続していた任意保険の等級が下がり保険料の金額が増額されます。そういった場合は「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」で一定期間、中断前の等級を継続することが可能です。また13ヶ月以内であれば発行してもらうことが可能ですのでもう中古車を売却済みで「中断証明書」を発行されていないのでしたら、その保険会社や任意保険の代理店にその旨をお伝えください。もしあなたが新しく車を買って、購入したあとで前に持っていた自動車を買取に出すのでしたら、任意保険は一方のみのになってしまします。任意保険の更新という対応になりますから運転する必要がある車の場合、処分までにはこのことを頭に入れておかなければなりません。また任意保険の保険料は排気量や車種で保険料が多少異なってきますので、愛車買取のさいは任意保険の内容を見直してみる好機なのです。