.

自動車に乗っているあなたは分かっていると思いますが自動車税というものの納税義務があります。それで自動車税は、所有車買い取りの際に一般に還付される税金なのです。このことは実際に実行してみたら簡単に覚えられますがこれから順を追って分かりやすく説明します。注意書きするとすれば国内で生産されている車に限らずイタリア車も税が戻ってくることに決まっています。これは車についてもそうですね。自動車税というのはクルマを持つ人が払わなければいけない税金でこれは車の排気量の大小によって定められています。1リッターより低いならば29500円で1リッターから1.5リッター以下までが34500円です。これ以降は500cc刻みで5000円ずつ増えます。またこれは4月1日の時点の保有者が、来年3月までの金額を支払うという決まりになっています。要は事前納付ということですから当然ですが愛車を手放して所有権がなくなった際などはその分の金額は返還されるのです。この税というのは前払いでその年度の税金を納めますので、その年度内に自動車を売却した場合は新しい所有者がこの税を納めなければいけないのです。売却先が中古車買い取り専門店でしたら、引き取り時に自分が払いすぎたお金を返還してくれます。まとめると、所有権を手放した際以降の税額は、新たな所有者が納付義務を負います。10月中に車を買い取ってもらったケースでは、11月以降来年3月中までの税金は返金されます。というのも、繰り返しになりますが自動車税は前払いであるという事実から来ています。つまり売却者は売却相手に税金を返してもらうということなのです。個人的に自動車を売買するときに意外とこのようなことに気付かない方が多くいるので、ぜひ忘れないようにしなければなりません。自動車税が自動車を手放すと返金されるという事実をあまり知っている人がいないからと言ってそれを説明しない悪質業者もいるのです。こちら側から税金に関して話を切り出さなければ完全に税金のことについて言わないという場面も頻繁に見られます。ですのでクルマの買取をする時には税金が返ってくるのかどうかの確認をおろそかにしないようにしなければなりません。