.

自動車に乗る方は承知だのはずですが、自動車税を支払う義務があります。そしてこの税金は査定に出す所有車の売却時に一般に返還されるのです。こういった内容は現実にやると直ぐに覚えられますが、はじめから順に説明します。一応注意書きしておけば日本で生産されている自動車のみが対象ではなくドイツ車等も自動車税が戻ってくる範囲になります。もちろん中古車もそうですね。自動車税はクルマを持つ人が支払い義務を負うものなのですがこの金額はクルマの排気量で決定されます。1リッターより小さいのであれば29500円1リッターより上で1.5リッターまでが34500円。これ以上は500cc毎に5000円増えます。それから自動車税は4月1日の時点の所有者が、年度内の自動車税を払うことになります。ということは先払いということなので、もちろん愛車を売却して所有権を手放した場合などは先払いした分のお金は返還されるんです。この税は事前納付で今年度の自動車税を納めますので、年度内に自動車を引き取ってもらったときは入れ替わった所有者がこの税を納めなければいけないということになります。売却相手が買取専門業者なら売却時に支払いすぎた税金を返金してもらえます。要は、所有者でなくなった日からの税は、権利が移った所有者が支払い義務を負います。もしも10月のうちにクルマを手放したケースでは11月から来年3月の間までの税額は返金されます。というのも、前も述べた通り自動車税の場合は先払いであるという事実からもわかります。ということは前オーナーは売却先に自動車税を返してもらうということになります。個人で愛車を引き取ってもらう場合意外にこのことに気付かない人がよくいるため、確認をとるようにしなければなりません。自動車税が車を手放すと返金されるという事実を意外と知っている人がいない事をいいことに、そのことを言わない悪徳業者もいるのです。自分から自動車税の返金についての話題を出さなければ自動車税のことに言わないという場合もたびたび見られます。ですので愛車の買い取りを頼むさいには、税金が返金されるか否かの確認を怠らないようにしてください。