.

通常、任意保険という保険は強制保険としての自賠責保険とは違い、自賠責保険では補いきれない部分の補償を受ける大事な保険といえます。この任意保険に関しては自賠責保険の上級保険として有用なものですので自賠責保険でまかなえる支払い能力を上回ったときに働きます。さらに自賠責保険の中では対物損害に関しては保証されていないのでその部分を補う時には任意保険にも入っておくのがいいと思います。既に任意保険の保険料を納めている愛車を売却する時は、日本の車とか外国の車ということは関係なく残金が戻ってきます。国産メーカーの車を査定に出す場合についても同様です。自動車損害賠償責任保険の場合基本的には入ったままにしておくのが常識になっていますが任意保険の場合は誰もが入る保険ではないですから、キャンセルをすることになります。それから、任意保険を解約後は、既に 支払い済みの返戻金が返還されるということになります。クルマの売買が決定したからといってすぐさま任意保険の契約を解約するという選択肢は危険です。勿論即キャンセルすればそれだけ還付される金額は増えますが自動車店が離れた地域にあるため自分で運んで行くことになった場合には任意保険に加入していない状態で運転をしなければなりません。万が一のリスクを想定して、必ずもう自分が車の運転をすることはないと言い切れるまで保険の解除手続きはされないようにしましょう。クルマを売り、即新たな車両を購入するケースだったら問題ないのですが、仮に車に乗らない状況が継続して任意保険の必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時間がある場合、以前に続いていた任意保険の等級が下がるため、保険料が増額となってしまいます。このようなケースでは「中断証明書」を提示してもらうようにする必要があるんです。この「中断証明書」があることで一定期間は解約前の任意保険の等級を継続することができます。これは、13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができるので、仮にすでに愛車を手放していて「中断証明書」を出してもらっていないのならば、その代理店にそのことを伝えたほうがいいと思います。もしあなたが新しく自動車を購入することになって、購入後に以前乗っていたクルマを査定依頼するのであれば任意保険の契約は一方のみのになってしまします。保険の更新ということですから、乗らなければなれないクルマならば買い取りまでこのことを頭に入れておかなければなりません。さらに、任意保険という保険は車両で価格がだいぶ変化してくるので、自動車売却のさいは任意保険そのものを見直してみるチャンスとも言えますね。